『とんぼの蘇州万華鏡』

アクセスカウンタ

zoom RSS 日中リハビリ関連大学、交流セミナー、蘇州にて熱烈交流

<<   作成日時 : 2015/01/05 13:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

同じ目標、志を持つ者同士にとって、
誰が日本人で、中国人かなど関係ない。
気持の熱さがあるかどうかが問われるだけ。

画像


☆☆☆

「友好交流」。
これがどうも性に合わない。

日中間の大学同士ならびに関係業界の交流はいまも少なからず。
しかしえてしてこれが、
海外交流しているという形さえあればよしになりがち。

よくあるのが、
中国で行われる日本側によるセミナー、講義のレベルが
低すぎる、あるいは中国側の現状に全く合っていない。
海外で講義をするという時点で、話し手はすでに満足し、
中国ならどのみちこの辺だろうという、一方的な内容設定がきわめて多い。
また海外交流も少ないだろうとの思い込みを持っていることもしばしばで
わざわざ講義をしてあげているという高飛車な態度もよくあることだ。

だが実際は、それなりの都市では、いま海外交流は少なくなく、
日中の中規模都市同士を比べるなら、中国のほうが多いぐらいだ。

したがって、日本の、いや日本だけでなく海外の、
専門家が講義をするといっても
きょうび中国側はいまひとつ乗らないことが多い。
つまり上記のようなことがしょっちゅうあるので、
懲りてしまっているのだ。
役にもたたないのに、講義をしてあげたという態度を
示されたのではおもしろくないのは、よくわかる。

こんな事情を日本側にお話ししたところ、
今回日本側の関係者の方々は、
中国側が課題になりやすい点を、ポイントを押さえ理解下さり、
中国側の状況を丁寧に確認されながら
セミナーの内容を細やかに検討してくださった。

結果、非常に盛り上がったセミナーならびに実習となった。
中国側の学生達は、日本のきめ細やかなアプローチに感化を受け、
日本側の先生方は、中国人学生の熱意に、こころ熱くなった。

双方、最初の壁が取り払われた。
次の一歩、
楽しみになった。

☆蘇州衛生技術学院と愛知の藤田保健衛生大学の
リハビリ学科の交流が、11月末蘇州で行われた。


知りたい旅、感じたい旅個人旅行ネット『蘇州有情』
■足早の観光じゃない、蘇州をじっくり味わいたい方への旅『蘇州有情』(個人旅行手配専門サイト)
日本人staffの安心旅相談 ★HP:http//www.sy-tour.net/ ★mail:info@sy-tour.net 日本語でどうぞ!
■「年をとるのも悪くないなあ〜(*^_^*)」55歳以上の皆様にうれしいサービス! 日本全国の長距離バスコース、どちらも片道1000元♪   ポイントアフィリエイト
中国(海外生活・情報) ブログランキングへ
中国旅行 ブログランキングへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日中リハビリ関連大学、交流セミナー、蘇州にて熱烈交流  『とんぼの蘇州万華鏡』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる