『とんぼの蘇州万華鏡』

アクセスカウンタ

zoom RSS 見直したよ!!蘇州盤門三景♪

<<   作成日時 : 2009/10/29 13:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

蘇州旧市街南西の角にある盤門三景。
2500年前の蘇州築城時の水門が残ることで知られ、
観光客もそこそこに訪れる場所。
APECの蔵相会議が蘇州であった際
とってもきれいに整備されたのだが、
「原来味」を愛す者としては、ちょいと不満だったのだ。
が、…

画像



本題に入る前に、
また復習 v( ̄Д ̄)v

そう、盤門三景って何よ!
ですね。

三景とは
1、水陸両用の門、盤門:2500年前に建造、水陸両用の門の残留は中国国内唯一。
2、運河にかかる呉門橋:北宋時代創建、今の橋は清朝同治年間(1872)再建。
3、瑞光寺:三国時代(247年)呉の孫権が、普済禅寺を建立。その後宋時代に天寧万寿宝塔建立、
       五色の光を放ったことから、瑞光寺と称されるように。

画像



そうそう、かの有名な「東方見聞録」を書いたマルコポーロさんも、ここにいらしたようですよ。
まあ、大運河の岸にあり、その栄華を見つめてきた歴史的建造物ですね。



しかし。。。

2001年9月APEC蔵相会議の会場になったもんですから、
風情よくあった?!古きものはすべてとっぱらわれ、
麗しく整備されてしまったのです。

歴史的名所と見るから、
古味が少なくなり、
整備されすぎだよなあと思うのですが、


これを、
市民の憩いの場、公園とみると、
非常によくできています(^_^)v


画像



最近盤門で行われる朝錬に参加するようになってから、
見方が変わったんでありますね(*^_^*)


早朝の盤門は、5重花丸お勧め!!
実に爽やか♪

風水からいうと、ここには「穴」があるらしいんですが、
なんとなく、わかる、わかるわあ。
いい気がただよってますよ^^
と、最近実感しています。


いままで、お日様がすっかりあがってから、
観光目的で行くことが多かったから
気づかなかったんですね。


朝6時ごろに行くと、
お体鍛え時間が始まっているのですが、
盤門は広いせいか、
ここに集まる蘇州人のお人柄か、
中国でよくある極めて騒々しい、朝の公園とはちょっと違って上品目^^

それぞれのグループや、個人が
思い思いのスタイルで、朝錬をされているのですが、
音楽がそれぞれに鳴っていても
邪魔にならないのですね…

音階で歌を歌っているグループもあり、
それが響いてくるのもなかなかよしです。

終わってから、公園を一周するのもよし、
すがすがしい池と木々のオゾンと、
古建築物が実に麗しい調和をしており、
公園のここの空間がまた実に多様で、おもしろく、
季節折々に咲く、木々の花々も
目を楽しませてくれ、心潤うものがありまっす。


引き続き、ちょっとご紹介しませうね。

画像



画像


ゴミ箱も風景に調和するように作ってありますのよ。

画像



敷石だって、いろいろに工夫がございます。

画像



イタリアベニスから寄贈されたゴンドラ。東洋のベニス、だもんね。
だけど蘇州のほうが歴史がずっと長いんだから、
ベニスが「ヨーロッパの蘇州」といわれるべきなんですね!

画像


朝からエネルギー100%発揚の、がんがんの中国的公園じゃなく、
なんか、ゆったりのびのびでしょう。
蘇州してまっすのよ。

画像


てこぎ舟もあるし〜

画像


滝もあるし〜

画像


戯曲もするう。

画像



城壁の上…。

画像


いやあ、公園として観ると
さりげなく変化に富んだ、
本当によく考えられた、すばらしい公園なのです。

早起きして、朝一番お訪ねあれ。

えっ? 入場時間は7:30からじゃって、

そうそう、一般の観光客の入場はそうですね^^;
でも、ご年配の方や、
蘇州シニアとご一緒すれば、突破できるかもしれません。。。よ?!




*ブログランキングに参加しています。
 下記ワンクリックで、ご支援いただければうれしいですo(^^)o
 画像


中国・蘇州個人旅行、ユニバーサル旅行コンサルジュ『蘇州有情』
海外の個人旅行の不安もワクワク感に。
日中スタッフが細やかに対応いたします。
http://www.sy-tour.net/

蘇州発、旅とカルチャーにこだわる駐在員とご家族向けサイト『駐在員専家』 
http://china-yuyuclub.com/


蘇州・江南探訪スタデイツアーもお見逃しなく。
http://www.sy-tour.net/sz_travel/szlec.html


知りたい旅、感じたい旅個人旅行ネット『蘇州有情』
■足早の観光じゃない、蘇州をじっくり味わいたい方への旅『蘇州有情』(個人旅行手配専門サイト)
日本人staffの安心旅相談 ★HP:http//www.sy-tour.net/ ★mail:info@sy-tour.net 日本語でどうぞ!
■「年をとるのも悪くないなあ〜(*^_^*)」55歳以上の皆様にうれしいサービス! 日本全国の長距離バスコース、どちらも片道1000元♪   ポイントアフィリエイト
中国(海外生活・情報) ブログランキングへ
中国旅行 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
見直したよ!!蘇州盤門三景♪  『とんぼの蘇州万華鏡』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる