『とんぼの蘇州万華鏡』

アクセスカウンタ

zoom RSS 蘇州の路地を歩く 史家巷〜閭邱坊巷

<<   作成日時 : 2007/10/01 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

表の幹線道路沿いは、こぎれいに整備されてしまった蘇州旧市街。
けれど…。
どこでもいい。
ふらりと路地に入ると、これが飽きません。
蘇州の庶民の生活がぷんぷんとただよってるんですなあ。
今日は史家巷〜閭邱坊巷を参りましょう。

画像



臨頓路の市立病院東区東バス停から東の路地を入ると史家巷。
忠善橋を渡ります。

画像



ハッロ〜!!
路地は動物が多いねえ。。。犬、猫、鳥、&ねずみとか^^;

画像


鶏さんがもうすぐおいしくなりそうですなあ。

画像



この通り、歴史的建築物が結構あります。
勝手に手を加えちゃいけない建築物には下記のようなプレートがあります。

画像



こちらにも、

画像



これも、

画像



おっ、なんでしょう。由緒ありそうな構えですね。

画像


なるほど。

画像



2階のあかり窓、いい味出してるなあ。

画像



朝食時間だったせいか、中国ファーストフード簡易移動式「店」が集っているところも。

画像


画像


画像



おおおっ!こ、これは…、このひなびた通りに。

画像


公的建築でしょうね。
なになに・・・ふむふむ。電報電話局だったところですね。

画像



ここに刺繍工場も。

画像


サイトもありました。こちらですね。
http://www.embroidery.sz.js.cn/qyjs.htm

こんな路地まで輪タクが。欧米の普通のツアー客です。やるなあ。^^
そして花鳥市場で下りるわけね。
日本の超定番ツアーより考えてますよね。

画像


画像



このあたりはかつて知府のあった北なので、
結構お屋敷があったはず。

その名残が残ってますね。

そう、それからおもしろかったのはこちら。
トリプル古井戸!

画像


ツインはよくありますが、トリプルは初めて。
蘇州の井戸って水面が深くないんですが、
またここの水面は異常に高い。
手を伸ばせば届きそう。

画像


もちろん、現役!!
何を隠そう。実は蘇州が誇る名井戸なのです。

ついでにご紹介!
蘇州には、2年ほど前に蘇州人によって選出された
輝ける「蘇州10大名古井戸」!!
があります。

基準は旧市街にあり、公的な場にあり、現在も使われ、
各時代を代表するものであったり、
歴史的なエピソードがあったりするものとか。

1、倉町:福寿泉
2、道前街:青石古井
3、海紅坊:松寿泉
4、範庄前:八角古井
5、周王廟路:周王済急井
6、天庫前:源源泉
7、古呉路:官井
8、史家巷書院門口:坎泉
9、石板街:流地顔泉
10、玄妙観東脚門:懐徳泉

蘇州旧市街には登録されているだけでも
640前後の古井戸があります
しかし急速な都市化により、埋めてしまわれた古井戸も少なくなく、
蘇州には古井戸を守るボランテイアグループがあります。
これはなかなかいい活動ですよね。

ほらっ、なんだか、古井戸廻りもしたくなってきましたね(*^^)v



*ブログランキングに参加しています。
 下記ワンクリックで、ご支援いただければうれしいですo(^^)o
 画像
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国・蘇州個人旅行、ユニバーサル旅行コンサルジュ『蘇州有情』
海外の個人旅行の不安もワクワク感に。
日中スタッフが細やかに対応いたします。
http://www.sy-tour.net/



知りたい旅、感じたい旅個人旅行ネット『蘇州有情』
■足早の観光じゃない、蘇州をじっくり味わいたい方への旅『蘇州有情』(個人旅行手配専門サイト)
日本人staffの安心旅相談 ★HP:http//www.sy-tour.net/ ★mail:info@sy-tour.net 日本語でどうぞ!
■「年をとるのも悪くないなあ〜(*^_^*)」55歳以上の皆様にうれしいサービス! 日本全国の長距離バスコース、どちらも片道1000元♪   ポイントアフィリエイト
中国(海外生活・情報) ブログランキングへ
中国旅行 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海外在住者への土産
海外に在住する日本人への土産は外国人への土産とは全く別次元のものになる。日本伝統文化色の強いもの等は海外在住の日本人には意味をなさないだろうと誰もが考えるわけだが、ならばどのような手合いの物になるかと言えばこのようなケースでは海外の相手方をこちらが知っていることがほどんどであるから近しいほど相手方から予め土産のリクエストが入るものである。 ...続きを見る
海外の代表的お土産
2007/10/01 21:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蘇州の路地を歩く 史家巷〜閭邱坊巷  『とんぼの蘇州万華鏡』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる