『とんぼの蘇州万華鏡』

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャムだ!酒だ!蘇州産・果実目白押し♪

<<   作成日時 : 2009/06/03 15:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

フルーテイな季節になりましたね〜
果実の郷・蘇州太湖でも一押しの
びわと楊梅が出始めましたねv( ̄Д ̄)v

画像


この季節東山、西山に行くと
道端には、朝どれのびわや楊梅を
農家の人たちがた〜んと売ってますよね。

ひとかご(5〜10キロ)持って行け、ドロボーのごとく
売られていますが、
こ、この量はいくら安くともと思いつつ…、
蘇州の市区の値段を思い出すと
買ってしまうんですよね(;><)



あー、でも東山、西山で売っているからと
すべて現地産だと思わないでくださいね。
他から持ってきて、売っているのも多いんで注意!

びわも楊梅もね。



びわといや、古来より、全国的に、
太湖東山白沙村のびわっていえば、著名ブランド。

形はちょいと小ぶりで
かっこ悪いんですが、
そのジューシーさと甘さは
きょうびの日本のびわとは、まったく別物。

私、日本でびわってそんなに食べる気がしなかったものですが、
蘇州のびわをいただいてからは、
初夏を待ち焦がれております。

東山をご案内したこの日も
せっかくだからびわを買いたいというご要望に応じて
びわをゲットしに。

と、2,3の農家のびわは
とっても大粒で立派。
しかもお試しすると、う〜まあい。

決めた!!

画像




びわは、3日が勝負。
こんなに食べれないしなあ。。。
この季節、
ご近所もびわを結構買ったりもらったりしてるんですよね。

ならばと、

びわジャムと、びわの種で果実酒を作ることにしました♪

蘇州には旧市街にもびわが多く植えられていて
街路樹にもなってるところがあります。

びわって薬用効果が高いので
葉っぱはこれまで使ってたんですが、
種も非常に体にいいんだよと聞いて
初めて、びわ種酒にチャレンジ!


びわの種には、アミグダリン(ビタミンB17)が多量に含まれ、
ミネラルもバランスよく含まれていて、体質改善にもなるとか。
アミグダリン(ビタミンB17)には、血液サラサラ効果もあるとのことで、
注目注目(^^)v


びわ種酒の作り方は、こちらを参考にさせていただきました↓
びわの種の食べ方も紹介されています。

びわの種って本当に杏仁とおんなじ香りなんですね。
いままで気がつかなかった…。
半年後が楽しみ。

くせになりそうです(*^。^*)

http://simplenikuraso.tea-nifty.com/recipe/2006/06/post_661d.html



■今が旬!東山・三山島1日旅行はこちら↓
http://www.china-yuyuclub.com/travel/taihu_1d.html

 

*ブログランキングに参加しています。
 下記ワンクリックで、ご支援いただければうれしいですo(^^)o
 画像


中国・蘇州個人旅行、ユニバーサル旅行コンサルジュ『蘇州有情』
海外の個人旅行の不安もワクワク感に。
日中スタッフが細やかに対応いたします。
http://www.sy-tour.net/

蘇州発、旅とカルチャーにこだわる駐在員とご家族向けサイト『駐在員専家』 
http://china-yuyuclub.com/


蘇州・江南探訪スタデイツアーもお見逃しなく。
http://www.sy-tour.net/sz_travel/szlec.html








オリヒロ NLティー100% ビワの葉茶 2g*25包
オリヒロ株式会社

ユーザレビュー:
おいしいお茶です。き ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
知りたい旅、感じたい旅個人旅行ネット『蘇州有情』
■足早の観光じゃない、蘇州をじっくり味わいたい方への旅『蘇州有情』(個人旅行手配専門サイト)
日本人staffの安心旅相談 ★HP:http//www.sy-tour.net/ ★mail:info@sy-tour.net 日本語でどうぞ!
■「年をとるのも悪くないなあ〜(*^_^*)」55歳以上の皆様にうれしいサービス! 日本全国の長距離バスコース、どちらも片道1000元♪   ポイントアフィリエイト
中国(海外生活・情報) ブログランキングへ
中国旅行 ブログランキングへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 東山楊梅、西山枇杷、でしたっけ?美味しそう!

 確か枇杷の種には杏仁と同じくアミグダリンが含まれているので、鎮咳作用を期待できるはず。呑んでいけるかどうかは、酒に漬けられる程枇杷を食べた事ないので、存じませぬ

 ちなみに、江戸時代の夏の銷夏の飲み物に、「枇杷葉湯」と云う、枇杷の葉を配合した湯薬があります。味は…、辛苦香ばしい感じです。

 蘇州にも、枇杷を用いた飲み物はありますか?
おお!白びわ出た〜〜!
2009/06/03 20:02
前の白びわ讃嘆のコメは私です。

タイトルかと思って、うっかり名前入れ忘れてしまいました(汗)。
貴陽でした
2009/06/03 20:05
あら〜、東山、西山をご存知とは、
さすが、現世奇奇怪怪風流文人貴さん^^
江戸時代の〜の口調が妙に合うよね。

このあたり一帯は碧螺春の上に果樹がたんとありますので、びわ、楊梅も東山、西山ともにあるんですが、びわは東山白沙村が有名ですね。

蘇州の旧市街にはびわの木がいっぱい植えられているし、園林内にも多いんで、実だけでなく
たぶん、いろいろなかたちで食されていたのでしょうね。いまびわを用いた飲み物は一般にでまわっていないんですが、呉の習俗史なんかもういちどひもといてみれば、記載があるかもしれません。
また年配の蘇州人に聞いておきますね。
とんぼ
2009/06/04 15:04
読書人の割には貧乏が過ぎる気が…(苦笑)。とんぼ姉もお元気ですか?そろそろ、そちらは大分蒸してそうな気がする。

呉の習俗史の類はまだ読んだことないですわ。なんか、東洋文庫にあったような、無かったような…?

枇杷、無事に食べ切れましたか?余力がおありでしたら、種、欲しいです。いや、或いは繁忙期なのかしら。

貴陽
2009/06/07 23:44
由緒正しき読書人ってのは、
古来より基本はびんぼーでもOKなもんですじゃ^^;

種、干したの、送ろうか。
乾物は植物検疫かからなかったけ^^

貴さんって、古文書OKかな?
ほんじゃ、また見とくけど。。
古漢語だから、いける!
どこにつっこんだかなあ。。。
とんぼ
2009/06/08 13:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャムだ!酒だ!蘇州産・果実目白押し♪  『とんぼの蘇州万華鏡』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる